3Rの推進

メインコンテンツスタート

3R(廃棄物0の取り組み)

弊社は使用済み自動車の適正処理及び、リサイクル自動車部品販売、生産の事業活動を通じ、環境負荷の少ない自動車リサイクル事業の構築に取り組みます。
資源の3R(スリーアール)の実践により、豊かな自然環境に抱かれた秋田県の地域環境保全に努め、次世代に豊かで住みよい社会を残せるように努めます。

3R(スリーアール)とは?
リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つの英語の頭文字「R」をとって「3R」と呼んでいます。リデュースは廃棄物の発生を抑制すること、リユースは廃棄物を再使用すること、リサイクルは廃棄物を原材料として再利用することです。

1.Reduce(リデュース:廃棄物の発生抑制)
省資源化や長寿命化といった取組みを通じて製品の製造、流通、使用などに係る資源利用効率を高め、廃棄物とならざるを得ない形での資源の利用を極力少なくする。
2.Reuse(リユース:再使用)
一旦使用された製品を回収し、必要に応じて適切な処置を施しつつ製品として再使用を図る。または、再使用可能な部品の利用を図る。
3.Recycle(リサイクル:再資源化)
一旦使用された製品や製品の製造に伴い発生した副産物を回収し、原材料としての利用(マテリアルリサイクル)または焼却熱のエネルギーとしての利用(サーマルリサイクル)を図る。

自動車リサイクルの仕組み

自動車リサイクルの流れ

Clear

このページの先頭へ

メインコンテンツエンド

Copyright(C) 2010 株式会社大晃商事 All Rights Reserved.

自動車リサイクルでCO2削減を目指します。